結婚指輪(マリッジ)

サムシングフォー

花嫁が結婚式当日に結婚式に4つの「なにか(something)」を身に付けると、かならず幸せになると言われているおまじないです。

“ なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの

(Something old, something new, )

なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの

(something borrowed, something blue, )

そして靴の中には6ペンス銀貨を

(and a sixpence in her shoe. ) ”


この日本でも有名なイギリスの童謡集「マザーグース」の歌が由来となっており、ヨーロッパでは200年以上前から結婚式に取り入れられてきました。

【Something Old (サムシングオールド:何か古いもの)】
お二人の結婚後の生活が豊かに送ることができるように、先祖から伝えられたものを受け継いでいく習慣です。 ヨーロッパでは祖母や母から譲られたジュエリーが一般ですが、ウエディングドレスなどの場合もあります。

【Something New (サムシングニュー:何か新しい物)】
お二人の新しい生活が幸せになりますようにと願いを込めて、新品のものを身に着けることをいいます。結婚式当日に新調するものであれば何でもよいとされています。

【Something Borrowerd (サムシングボロー:何か借りた物)】
既に結婚生活を送っている先輩夫婦の方から、幸運をお裾分けしてもらおうという習慣です。友人などからベールやハンカチなどの持ち物を借りることが多いです。

【Something Blue (サムシングブルー:何か青い物)】
「青い鳥」に代表されるように、青は幸せを呼ぶ色、忠実・信頼を象徴する色と言われており、聖母マリアのシンボルカラーとして知られています。
嫁の純潔や貞操、そして清らかさを表すことから、人目につかないものを身に着けると良いとされています。
そのため、白いガーターに青いリボン飾りをつけるのが一般的です。
(マリッジリングの内側に「ブルーダイヤモンド」や「ブルーサファイヤ」を入れさせて頂く事も多くございます。)

マリッジリング(ご結婚指輪)の制作事例は【こちら】からご覧頂けます♪

コメント欄を読み込み中